歯の矯正 11,12か月目

歯の矯正
スポンサーリンク

いつの間にか終了

はい、というわけで矯正が終わりました。抜歯後の空いたスペースにはすぐに歯の移動が始まりびっくりした。2日ほどで穴は埋まり、その後2か月で上下の矯正は終了した。実際には抜歯しない場合を考えての1年半から2年の期間だったが抜歯をやったので半年ほど早く終わった。結果を見てみよう。カラーで見せるとちょっとグロいので白黒で。

矢印の歯が抜いた歯になる。

今後の歯のケア

というわけで、歯を抜いたおかげで矯正は半年早く終わった。ただこれで完全に終わりではなく2年間の追加処置というものがある。なぜかというと矯正した歯は元の位置に戻ろうとするらしく2年くらいはそれを止めるためのケアが必要になる。それには次の2項目があるわけだ。

  • 下の歯の前4本くらいに歯の裏から矯正保持針金の装着。
  • 寝るときはマウスピース

歯の裏の矯正器具

これは矯正に使う針金みたいなものをゴム見たいなものでべたっと張り付けてある。矯正のではないので痛みはない。若干しゃべるときベロが当たって本調子のしゃべりはできないかな。。食べ物はあまり気にならない。矯正器具のように歯の全面につけて金具が唇の裏にあたって痛いみたい歯ことはないが、早くとれるもんなら取りたい。気になったら通院すればいいらしく、3か月かそこらをみて通院しようかなと思う。これも1回5000円取られる。

寝るときのマウスピース

これだ、寝るときはつけなけらばならない。これもまた2年間。マウスピースは以前から歯ぎしりをしていて経験があるから、もう慣れているので特に問題はなく使えている。

今の歯の状態

これで矯正の過程は終わり、食事のほうは痛みも徐々になくなってきて通常通りになじんできている。まだあまりしたくはないが強く食いしばっても平気なくらいだが、万全を期して徐々に固いものを試していこう。

ただ歯のかみ合わせが前とは若干違う。虫歯治療してもいなくても全体の歯の位置が動いているので高さが微妙に違っていて、これは歯医者のほうで処置するしかない。ただ自分の場合はまた歯医者でギュイーンやられるのとそれに伴う精神のなえ、まあこのままのかみ合わせでもいいかなくらいの違和感ということでしばらくはこのまま様子を見いることにする。

しゃべりのほうは繰り返すがまだ歯の裏についているので本調子ではない。ガムが下前歯の4本にへばりついた感じかな。月1の通院もなくなるのは精神的に楽になるのはいいね。

矯正の感想

矯正してみての感想だが、やはり矯正は幼少期にやっておいたほうが絶対にいいと思う。なぜかというと成人したあとだと、虫歯の治療や歯の並びはほぼ決まっているのでやることが多い気がする。歯を全部移動するので今まで歯と歯がぴったりついていたところに隙間が出てくるのでそこにため物が詰まることが起きてくる。これが一番気になって残念なところだ。恐らく幼少期にやっていけばまだ歯茎の成長過程に期待が持てるかもしれないのでこれで隙間を埋めてくれる可能性があると勝手に思った。歯並びは依然と比べましになり、しゃべりも良くなると思うが歯の隙間だけは考えてなかったし、矯正前の説明もなかった。矯正側からすると、あまりここは重要視してないと見える。

なので矯正終わった後の感想としては100点満点で考えると80点くらいかな。早い段階でできなかったことと、隙間発生で10点ずつ引いた。

まあ、今後気づいたことがあればアップしていこうと思う。乙 σ(゚∀゚ )オレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました