ソーラパネルとポータブル電源

家電、DIY
スポンサーリンク

危機に備える 2020 3月

はい、こんな中で3月中旬より備蓄の食料を買い始めました。そんな中備蓄は

缶詰め、米、パスタ、香辛料、水、飲み物、お菓子類、インスタントラーメン、干物を一通り備えたがその中でふと思ったことが、米やパスタのこと、水と火がないとたべれるようにならない。当然だが。。。さらに先の大地震の事も考え直す。人間月日がたてば記憶が風化してそんな事もあったなみたいになっていく。実際の自分もそうでもう危機意識も無いに等しくなっていた。。地震の時は都内でも停電もあったが今回ももしもの場合を想定し、電力の供給が止まった場合を考えすぐに携帯のガスコンロのガスボンベも備蓄し始めた。ん、、ちょとまて・・これもいずれなくなるね。。今我々は水、電気、ガスは月々の料金払っていれば基本無限エネルギーな感覚に陥ってないですかね。。

しばし考え中

ふーん(* ̄- ̄)ふ~ん、食事は火だ、今は電気、IHヒータある。じゃ、ガスいらね。

電気を考えよう、、、無限エネルギー、、、太陽だ!(太陽もいつかは無くなるらしい、我々人間がそれを見れるかどうかはしらん)ソーラパネルだ!の順でソーラパネルを危機管理時のアイテムとして購入することに決めました! で色いろ調べるとポータブル電源なるものもあるらしく、これは電池と電源装置が一緒になっている家電と考えればいい。ここからスマホの充電やコンセントがとれる。イメージとしてはこうだ!

ソーラーパネルとポータブル電源

で、さっそく買いました。これ、細かいこともあるがそれは別にして基本この2種で今までの悩みは解決できる。

災害時だけのための保管ではもったいない

基本このポータブル電源はキャンプ用、災害時用の用途を視野に入れ他製品らしく基本キャンパーに愛用されるのかな。しかし自分はキャンピングカーも持たなければキャンプ行こうにも行けない。キャンプって結構お金かかる贅沢遊び。基本車持ってないと厳しい。都内マンション生活者には贅沢遊びです。なのでキャンプには本製品使いません。そこで通常時は生活家電電気に無料の電気を使うことにします。なので通常時はソーラパネルは部屋の中で窓口に立てかけて置くだけ、それで浮いた電気を家電に使い月々の電気代の足しにします。結果は後程。

カーテン代わりにもなるよ。

今回購入したもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました